イオノソン・エビデント

  • コンビネーション治療器
¥ASK

4つのモードがこの1台に。
新たに「DEEP OSCILLATION®」(深層振動低周波) という機能を搭載。

商品の特徴

DEEP OSCILLATION®[ チャンネル4 ]
今までにない心地よい刺激感を生み出す低周波の新機能
欧米ではHIVAMAT®(ヒバマット)という名で多くのスポーツ選手を早期回復に導いてきたこの機能を『イオノソン・エビデント』に搭載。
ハンドアプリケーターより出力される5~250Hzの低周波が組織に深く振動を与え、痛みを緩和します。


深層振動低周波が生み出すマッサージ効果
ハンドアプリケーターと組織間の摩擦によって生じる静電引力を利用し、組織深部にまで効果的な振動を作り出します。刺激強度は、筋収縮が起こるレベルではなく、振動を感じるレベルなので優しく痛みの元に働きかけます。

医療機器認証番号:228ACBZX00016000

 

 

超音波モード

[ チャンネル3 ]

周波数は1MHzと3MHz、
パターンは連続と4種のパルスで急性期から慢性期をカバー

対象部位の深さに合わせて、1MHzと3MHzの周波数が選択できます。また、発振パターンも連続と4種のパルスモード(1:10、1:5、1:3、2:5)で、症状に合わせて広範囲の適用を可能にしています。

TPS(Tiempo Potencia Superficie)という新しいパラメーター搭載
Dr. J. M. Rodriguez Martin氏が提唱する超音波治療のパラメーターで、従来の単位面積当たりの出力[W/cm2]ではなく、治療面積における熱エネルギー[J/cm2]により出力を自動的に計算するTPSモードが搭載されています。

電気刺激モード

[チャンネル1・チャンネル2]

22通りの刺激電流でさまざまな症状に対応
症状に合わせてアプローチを変えて適用することで、疼痛の軽減や筋弛緩などにより高い効果が期待できます。

◆専用吸引装置(フィジオバック・エビデント)
目的に合わせて専用の吸引装置を接続することにより、バキューム電極による通電が行えます。

コンビネーション

「チャンネル1or2+チャンネル3」

電気刺激モード(チャンネル1 or 2)と超音波モード(チャンネル3)を同時に出力することによりコンビネーション通電が行えます。

メーカー希望小売価格

オープン価格

仕様

販売名 イオノソン・エビデント
定格電源 AC100V、50Hz-60Hz
消費電力 150VA
電撃に対する保護の形式 クラスⅠ機器 BF形機器
最大出力電流 (CH1/CH2) 直流25mA、パルス電流100mA [500Ω負荷時]  (CH4) 150μA [500Ω負荷時]
出力周波数 (CH1/CH2) 低周波1~300Hz、干渉波2K~9.5kHz  (CH4) 5~250Hz
治療時間 (CH1/CH2/CH4) 30秒~60分   (CH3) 30秒~30分
超音波出力(5cm2) 1MHz: 15W、3MHz: 5W
超音波パルス 連続 / 1:10 / 1:5 / 1:3 / 2:5
使用環境 周囲温度10~40℃、相対湿度30~75%、気圧800~1060hPa
外形寸法 W260×D370×H380mm ※モニター直立時
重量 本体10.2kg 架台17.3kg
医療機器認証番号 228ACBZX00016000
販売名 フィジオバック・エビデント
定格電源 AC100V、50Hz-60Hz
消費電力 55VA
電撃に対する保護の形式及び程度 クラスⅠ機器 BF形機器
吸引圧/吸引間隔 0.06MPa/0~30分
使用環境 周囲温度10~40℃、相対湿度30~75%、気圧800~1060hPa
外形寸法 W300×D230×H105mm
重量 本体5.1kg
一覧へ